Amazon.co.jpアソシエイト
  投稿 ┃ ツリー ┃ 一覧 ┃ 番号順 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ メンバー登録  
163 / 178 ツリー ←次へ | 前へ→

【208】在日の日本国籍取得と参政権 SONG 01/9/1(土) 12:29

  【267】オーさんは正直すぎる〈笑〉 ケグリ 01/9/7(金) 0:37
 ┗ 【282】Re(1):オーさんは正直すぎる〈笑〉 武夫 01/9/7(金) 20:47

【267】オーさんは正直すぎる〈笑〉
 ケグリ  - 01/9/7(金) 0:37 -

引用なし
パスワード
   こんばんは。ちょっと失礼します。

>在日コリアンの日本国籍取得を躊躇させる理由をいくつか考えてみました。

>7.韓国・朝鮮籍でも不便がないから(国籍意識の希薄さ)
>  不利益が全くないとは言えないが、社会保障制度の整備(社会保険、国民保険、
>  年金失業手当など)、出国・再入国の簡便さ、外国人登録更新の簡素化などによっ   て、「外国人」という意識自体が希薄になっている。
>8.「国籍=民族」という偏見
>  帰化者を「民族の裏切り者」のように、「根無し草」のように揶揄する傾向がある。
>  あるいは、日本国籍を取得するともう朝鮮民族でなくなるという認識。
>9.国籍を保持する方が便利だから
>  日本で生活するのに外国籍の方が便利だというのも変な話だがあり得る。
>  日数を気にすることなく韓国に滞在できる、韓国内でのビジネスフィールドが日本
>  人より広い。日本でのビジネスフィールドはほぼ日本人と同じ。日韓朝の三国を股
>  に掛けての活躍が可能。万一大きな失敗をしても逃げ場が二カ所ある。
>  大きな社会変動が起きた場合、三つの居住地を選択できる。二者の文化を共有・享
>  受できる。二重国籍者が感じる利益とほぼ同じような感覚だろうか。

>以上思いつくままに羅列しましたが、日本国籍取得に踏み切れない理由は上記のものが
>単独で作用するのではなく、極めて複合的に絡み合っていると思われます。
>私自身、揺れているのですから・・・

あまり、正直に手の内を明かしてしまうと、日本の反動勢力からの攻撃の的に
されてしまうかも<笑>。しかし、オーさんの意外な一面を見た思いです。(失
礼、深謝!)

まあ、正直、私も揺れています〈笑〉。私の親戚で、帰化をしようとした一家がいた
のですが、そこの高校生の長女が猛烈に反対して話が沙汰闇になったのです。私は、
なかなか、民族的気骨のある女の子だと、その子の事を見直したものですが、あとで、
聞いてみたら、オーさんが挙げられた9番目の理由によるものだったのです〈^^;〉。
ガクッと来たものですが、その合理的精神には脱帽させられました。今の若い子達は、
我々の想像を越えた逞しさを備えているようですね。
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)@1Cust168.tnt1.honolulu2.hi.da.uu.net>

【282】Re(1):オーさんは正直すぎる〈笑〉
 武夫  - 01/9/7(金) 20:47 -

引用なし
パスワード
   武夫@日本反動勢力です。

ケグリさん、こんにちは。

日系アメリカ人議員である、ダニエル・イノウエ氏をご存じでしょうか。長年活躍されているので、ご存じかと思います。

日系アメリカ人を扱った本に古森義久氏の「遙かなニッポン」という本があるのですが、文庫版のあとがきで彼はこう紹介されています。

----
一九八七年夏のいま、アメリカの首都ワシントンではイラン・コントラ秘密工作を解明しようとする議会の公聴会が連日、全米の熱い関心を集めながら、開かれている。事件のカギを握るオリバー・ノース中佐ら証人が秘密工作について語る模様は、細部にいたるまでテレビで実況され、日本へまでなまなましく伝えられてくる。この公聴会の席で中央に座り、証人や尋問側にてきぱきと指示を与え、大ドラマを進行させているのは日系米人のダニエル・イノウエ上院議員である。上下両院合同調査特別委員会の委員長としてのイノウエ議員のかけ声ひとつで全世界の注視を集める公聴会は、幕を開け、幕を閉じる。

第二次大戦で片腕をなくした日系アメリカ人のイノウエ議員がこうした重要な調査の中枢に立つことは、現代の日系米人を考えるうえでの示唆に富んでいる。いまのアメリカ社会で日系人たちがついにここまでも指導的な地位に進出してきた実態のあらわれなのである。イノウエ氏はウォーターゲート事件でニクソン大統領を辞任に追い込んだ議会の特別調査でも主役のひとりだった。今回の活躍とあわせてアメリカ立法府のまさに頂点にまで登りつめたといえよう。

古森義久 遙かなニッポン p.336 1987
----

以前読んだこの本の中に、ウォーターゲート事件の議会での調査に日系アメリカ人議員が関わっていたことを知り、印象に残っていたので、DELLさんとのやり取りの中でもウォーターゲート事件について触れたのでした。

本の内容は、アメリカと日本の狭間で揺れる日系アメリカ人の微妙な心理が描写されていて、オーさんが書かれた点も含め、在日と日系アメリカ人とではどこがどう違うかということを少し考えさせられたのでした。
<Mozilla/5.0 (Windows; U; Win98; ja-JP; rv:0.9.2) Gecko/20010726 Netscape6/6.1@g123003.ap.plala.or.jp>

  投稿 ┃ ツリー ┃ 一覧 ┃ 番号順 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ メンバー登録  
163 / 178 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
C-BOARD v3.23 is Free.