Amazon.co.jpアソシエイト
  投稿 ┃ ツリー ┃ 一覧 ┃ 番号順 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ メンバー登録  
156 / 178 ツリー ←次へ | 前へ→

【9】北方四島問題、どう思います? 加藤 01/7/10(火) 23:34

  【13】Re(1):北方四島領有権の根拠は? tm1019 01/7/11(水) 22:22
 ┗ 【14】Re(2):北方四島領有権の根拠は? 米津 篤八 01/7/12(木) 1:42
 ┗ 【16】Re(3):北方四島領有権の根拠は? tm1019 01/7/12(木) 22:14

【13】Re(1):北方四島領有権の根拠は?
 tm1019 E-MAIL  - 01/7/11(水) 22:22 -

引用なし
パスワード
   ▼米津 篤八さん:

>北方四島が日本の領土であるという根拠は何でしょうか。
>もう少し詳しく教えていただけますか。

はじめまして。
横レス、お詫び致します。

この問題は、冷戦時代には、反ソ宣伝、現在は、排外的ナショナリズム
などに利用されてきましたが、米津さんのご質問に、答えるならば、

私は、歴史的にみて、千島(クリル)列島は、日本の固有の領土だと思
っています。

しかしながら、

ドイツ降伏後、ルーズベルトとスターリンの間で、樺太と北千島は、
ソ連にやる、というような密約があったそうですが、実は、これが、
空手形だったらしく、怒ったスターリンが、実力行使で、北方4島まで
占領したようです。この既成事実を元にして、サンフランシコ条約で
現在の国境線が定められたという事です。

信義的に見れば、日本の領土では、無いんですが、心情的に見れば、
やはり日本の領土という、という描き方をする「電通」をはじめとし
た、彼らの一般受けする欺瞞性こそ、注意すべきだと思います。
<Mozilla/4.06 [ja] (Win98; I)@jttks003.zaq.ne.jp>

【14】Re(2):北方四島領有権の根拠は?
 米津 篤八 E-MAIL  - 01/7/12(木) 1:42 -

引用なし
パスワード
   ▼tm1019さん:

>この問題は、冷戦時代には、反ソ宣伝、現在は、排外的ナショナリズム
>などに利用されてきました

まったく同感です。
「北方領土」問題は政治的に作り出された問題です。

>私は、歴史的にみて、千島(クリル)列島は、日本の固有の領土だと思
>っています。

「固有の領土」とは具体的に何を意味するのでしょうか。

一つの例をあげれば、東プロイセンはドイツ「固有の領土」でしたが、現在はポーランド領であり、いまもドイツ系住民が多く住んでいるにもかかわらず、ドイツはその領有権を主張しておらず、国際法的に国境が画定されています。他にもそのような例は多数あります。

つまり「固有の領土」の主張は、国際的にはほとんど説得力を持ちません。それでもあえて「固有の領土」論を展開するなら、千島はアイヌの固有の領土であり、アイヌが望むならアイヌ独立国家とするべきでしょう。

>ドイツ降伏後、ルーズベルトとスターリンの間で、樺太と北千島は、
>ソ連にやる、というような密約があったそうですが、実は、これが、
>空手形だったらしく、怒ったスターリンが、実力行使で、北方4島まで
>占領したようです。この既成事実を元にして、サンフランシコ条約で
>現在の国境線が定められたという事です。

すでに第二次大戦後をにらんでいたアメリカは、ソ連参戦の前に日本を降伏させ、日本をアメリカの勢力圏に置こうとして、戦術的には意味の薄い二発の原爆を投下したのでしたね。

ただ、連合国相互の密約なり実力行使にかかわらず、日本はサンフランシスコ条約で明確に千島列島領有を放棄していますから、ソ連およびその継承国ロシアの千島占有に抗議する権利はありません。

http://list.room.ne.jp/~lawtext/1952T005.html#chap2
サンフランシスコ平和条約第二条【領土権の放棄】
(c)
 日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。

>信義的に見れば、日本の領土では、無いんですが、心情的に見れば、
>やはり日本の領土という、という描き方をする「電通」をはじめとし
>た、彼らの一般受けする欺瞞性こそ、注意すべきだと思います。

その欺瞞性がもっとも鋭く現れているのが、いわゆる「ダレスの恫喝」だろうと思います。

http://home3.highway.ne.jp/taku-f/kuril.html#IKKATSU
「日ソ領土交渉とアメリカの冷戦外交」より。
----<引用開始>----
……1956年には、モスクワ交渉を経て一度は「二島返還」に傾きかけた重光外相に対して、ダレス米国務大臣がロンドンで会談した際に「日本が国後・択捉をソ連に帰属せしめたなら、米国は沖縄の永久領有を主張する」という脅しをかけたことはよく知られている。世に有名な「ダレスの恫喝」である。……こうしたアメリカからの圧力のもとで、日本側は妥結寸前までいった日ソ交渉を、自らの手でむざむざと台無しにしてしまうのである。

……交渉開始からニヶ月めにして即時返還も夢ではなかった歯舞・色丹両島とそれを取り巻く海域が、結果として今もって返還されていないことは、とりわけソ連による200海里宣言以降厳しい状況に追い込まれた水産業にとっては、言うまでもなくかなり探刻なマイナスであった。また1955年の交渉開始当時、ソ連側発表によると元軍人1016名、民間人357名の計1373名が抑留地で強制労働などの苦しみを強いられていたが、交渉が長引くことで日本人捕虜の開放・抑留者引揚が遅れ、結果としてシベリア抑留を長引かせることになった。時間が経てば経つほど死者も増大していったことは明らかである。当時の鳩山首相や松本全権個人の非常な熱意にもかかわらず、結果的には、この17ヶ月にわたる日ソ国交交渉は国民的利益を大きく損なう重大な外交上のミスを伴っていたといわなければならない。それは日露両国民の友好関係の樹立を遅らせている今日の日本政府の姿勢にも受け継がれている。
----<引用終了>----
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)@c055.tc.cablenet.ne.jp>

【16】Re(3):北方四島領有権の根拠は?
 tm1019 E-MAIL  - 01/7/12(木) 22:14 -

引用なし
パスワード
   ▼米津 篤八さん:

レス有難う御座いました。
これからも、宜しくお願い致します。

ご投稿は、大変、勉強になりました。

特に、「ダレスの恫喝」については、私、不勉強で全く、知りませんでした。
ご教示を、感謝致します。

纏まりましたら、ご返事申し上げます。

失礼致します。
<Mozilla/4.06 [ja] (Win98; I)@jttks003.zaq.ne.jp>

  投稿 ┃ ツリー ┃ 一覧 ┃ 番号順 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ メンバー登録  
156 / 178 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
C-BOARD v3.23 is Free.