Amazon.co.jpアソシエイト
  投稿 ┃ ツリー ┃ 一覧 ┃ 番号順 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ メンバー登録  
201 / 2477 ←次へ | 前へ→

【2386】FAQでは日本統治時代に米を奪ったことに?
 猫だまし E-MAIL  - 02/12/19(木) 19:32 -

引用なし
パスワード
   ハンボードのFAQでここのの管理人は↓

「日清戦争で慢性的な米不足におちいっていた日本は,「産米増殖計画」(1920〜34年)といって植民地である朝鮮半島から大量の米を収奪しました。日中戦争がはじまると,米だけでなく水や地下資源,労働力など,さらに収奪は激しくなっていきました。それによって朝鮮の民衆は貧しくなり,職をうしなう人が続出したわけです。はじめに,そういう人たちが大量に職を求めて日本にやってきました。 」

             ↑
と言っているが、米増産計画を行った時代背景は併合当時朝鮮は日本からの資本導入で学校やダム、道路、鉄道、発電所や警察署や役所などを建設したが、その日本からの資本導入をもってしても足りない位の資金需要が朝鮮にあり、その資本不足を補う為に日本や外国に対して物を輸出して資本を確保しなければならなかった。しかし当時朝鮮で手っ取り早く金になる輸出産品と言えば米ぐらいしかなく、朝鮮民族資本家や、朝鮮総督府はコメを増産し日本へ輸出する事を提案し奨励した。


しかし逆に日本国内では朝鮮と日本のコメ価格居は2倍〜3倍程度の価格差があり、急激な朝鮮米の流入は日本国内の米相場の暴落を招く恐れがあったので、日本の農民や政府は反対したが、朝鮮総督府は朝鮮民族資本家や地主達の輸出要求に答える形での日本国内への米輸出を認めさせた。そして案の定その結果日本国内の米相場が暴落し、日本国内の東北などの米作農家は大損害を蒙り、借金を作り娘を借金の形に取られるものも居た。


一方朝鮮では朝鮮人の民族資本家が地主農民から米を買い取り日本に米を輸出し、多大な利益を上げ本格的な民族資本家形成に役立った。今の韓国の財閥といわれる者で、朝鮮戦争以前から活動していた資本家の多くがその頃の資本を蓄えた者が殆どである。そして朝鮮貧民農は小作が多く、高い値段の米を売り、自らはその金で中国産の粟や簸えを買って食した。つまり値段の高い米を売り生活費とした上で安い粟、ひえなどをたべていたわけである。


そして何も
日本が米を略奪した訳ではなく、正当な代金を支払った上で、それも日本本国の農民を犠牲にしてまでして輸入を許可したのに、後になって朝鮮人に米を奪われただの、だから朝鮮人が朝鮮で食っていけなくなったから日本に出稼ぎに行かなければ生活が立ち行かなく
なっただの、事実と異なる被害者思想を植え付けているのは真に腹立たしい限りである。


朝鮮人が日本に出稼ぎに来なければいけなかった一番の理由は人口の増加である。李氏朝時代の焼畑農法のお陰ですっかり禿山になってしまい大雨が降ると農地ごと流され収穫どころではなった山間部農地を植林し、治水を行い、焼畑から窒素肥料による農法の改善で収穫高が上がり生活が楽になったこと、朝鮮総督府が朝鮮の土地調査事業、土地の所有権制度の確立などで所有権の確立により安定した農地政策を行えるようになり、農民や小作農が元王族や地主、両班などから過剰な年貢の搾取が行われなくなって飢餓で死ぬものが少なくなった為と、、病院建設、下水道事業、上水道事業などで衛生面が改善し、病死する者が少なくなった為の人口の増加が日本に出稼ぎに来なければいけなかった原因である。


それまで李氏朝鮮時代の人々は飢餓や、疫病により毎年多くの人々が亡くなるっており、人口は横ばいか、酷い飢饉の時には人口の減少すらあったという状態だったのである。ちょうど今の北朝鮮の様な状態であったわけである。それが日本との併合により産業経済インフラの基礎が築かれ、農業政策、法制度の確立、治水、植林などにより庶民の生活が安定するようになり人口が毎年毎年増加するようになった。人口が増加したのは良いがその人口増加により、朝鮮の労働者市場が追いつかず、日本と朝鮮では賃金格差もあり、こぞって日本に朝鮮の若者達が職を求めて日本にやってきたわけである。  以下は併合後からの人口増加の様子を示す。


「朝鮮総督府統計年報」  朝鮮総督府編 
年次  年末常住人口・(注)1944年は5月
1910 1312万8780人  (日韓併合年)
1915 1595万7630人
1920 1691万6078人
1925 1854万3326人
1930 1968万5587人
1935 2124万8864人
1940 2295万4563人
1944 2512万0174人 (この他に日本内地や満州に数多くの朝鮮人がいた)
               ↑
そして上記の事柄は、韓国の知識人や、学者の間では広く知られている事柄である。しかし韓国の教科書や公式見解としては、真実の事を語る事はタブーとなり、日本統治時代の善政を語る者は親日派という侮蔑に満ちたレッテルを貼られ、公職の場や地位ある立場から退かなくてはいけなくなるように追い込まれる。だから皆日本統治時代の功罪を語る時には罪の部分だけを誇大過大歪曲した言動しか出来なくなってしまった。それが今までの韓国である。

しかし今後勇気ある韓国の若者や知識人(親日派の弁明の金完燮氏や、呉善花、崔吉城氏をはじめ日本統治時代の本質をに極めようとする者達その他によって)達が本当の朝鮮総督府が行った統治の功罪の両面を明らかにして評価しょうという動きが一部に出てきている。なぜならば日本統治時代の本質を見極める事により、当時の朝鮮の姿が見えてくるからである。それに真摯に向かい合わなくては歴史の整合性が取れないからに他ならない。下記に「タンジ」という韓国人の歴史研究チームの若者が書いた韓国本国で使用されている教科書の歪曲された事柄を告発したHPの記載がある。参考にされたし。
                 ↓


[分析] お前らが歴史歪曲を言うのか?
http://members.tripod.co.jp/koreawatcher/docs/45so_3003.htm

タンジ歴史考証チーム

歴史教科書検定問題について日本の 新しい歴史教科書を作る会 の幹事のひとりがこんなことを言ったという。

「韓国の奴ら、中国の奴らが我々に対して何か言う資格があるのか? 彼らは教科書を国家で作ったそうじゃないか。そんなに歴史に関心があるなら、他人の教科書に関心を持つんじゃなくて、自分たちのを調べろよ、糞っ。」

当然、この言葉は韓国と中国の国定教科書を念頭に置いて言ったことだ。 私も分かっている。読者諸氏よ。尻毛が逆立つほどの怒りを感じているだろう。だからと言って、興奮してこの人に噛み付くべきじゃない。この言葉は一言で言えば 100% 正しい言葉だ。知っての通り、100% 正しい意見には絶対に口答えしないほうが身のためだ。この一言は、当然、韓国政府と中国政府が日本文部省の教科書検定を前にしてかなり不満を表してきた末に日本側から出てきた言葉だ。一言で言って、「お前ら自分の世話でもしてろ、この野郎」 ということだ。


「糧穀を収奪したという部分で、韓半島から糧穀を略奪して行ったという記述はほとんど歪曲の極致を見せてくれる。知っての通り、植民地朝鮮で民族資本が形成された時期は、日本に多量の糧穀を輸出した時期と一致する。朝鮮内の糧穀が日本市場に売られながら、民族資本形成に大きく寄与したという事実はなぜ否定するのか? 糧穀の収奪と輸出は厳然に 進出 と 侵略 に劣らない言語道断だ。」

1,712 hits
<Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; .NET CLR 1.0.3705)@65.196.202.111>

【2386】FAQでは日本統治時代に米を奪ったことに? 猫だまし 02/12/19(木) 19:32

  投稿 ┃ ツリー ┃ 一覧 ┃ 番号順 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ メンバー登録  
201 / 2477 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
C-BOARD v3.23 is Free.