WebによるMAIL@HANの利用

 

1.はじめに

 MAIL@HANはPOPサーバーからのみでなく、Web上でも操作可能です。申請時にお送りする設定情報にそってWebアカウントにログインされますと、のような画面があらわれます。

 ここでは、メールの送受信はもちろん、転送の設定、不在通知の作成、自動振り分けフォルダの作成、など多様な操作が可能です。以下、それぞれの具体的な使い方について説明していきます。なお、英文のマニュアルはこちら(Adobe Acrobat Reader3形式)で読むことができます。

 

2.Mailbox Summary

 Webアカウントにログインしたとき、一番上に示されている表がMailbox Summaryです。はじめは、「Main」「Sent」「Deleted」という3つのフォルダの情報が示されているはずです。

 「Main」とは、受信したメールが保存されているフォルダのことです。(後述する「Manage Mailboxes」を設定すると、複数の受信フォルダを作ることができます。さらに「Change Processing Rules」を操作されますと、タイトルや送信者によって自動的にメールを振り分けることができます。) 「Sent」とは、Web上から送信したメールが保存されているフォルダのことです。「Delete」とは、Web上から削除したメールが保存されているフォルダのことです。

 それぞれ、「Size」の段には全受信メールのファイルサイズ、「Message Count」の段には受信メール数が記されます。

3.Options

 Optionsの項目は左右の2段に分かれていて、左の段がメールの送受信を操作する項目で、右の段がメールアカウントを詳しくカスタマイズする項目になっています。まずは左の段から説明していきます。

3-1.E-Mail

 「Compose」では送信するメールを作成します。他のメールソフトに慣れている方ならば、説明ナシで理解できる部分だと思います。通常のメールソフトでできることはほとんどココでも可能です。ただし、メールサーバーが英語版のため、日本語のメールを送信しても文字化けすることがあります。Webでの利用は受信を中心にしたほうがいいでしょう。

 「Read Mail」では受信メールを読むことができます。(受信メールが一通もない場合は表示されません。)

 「Mail Summary」では、受信メールのタイトル、送信者、送信日時、ファイルサイズ、を一覧表示できます。(受信メールが一通もない場合は表示されません。)

 

3-2.Personal

 Optionsの右の段(Personal)について説明していきます。

(1)Change Finger Information

 いまや「Finger」を設定する方はほとんどいないでしょう。ここは無視してください。

(2)Change Password

 ここではパスワードを変更します。MAIL@HANの申請者はみなさんはじめは共通のパスワードになっています。アカウントが発給されましたら、かならずすぐにご自分のパスワードに変更してください。

(3)Change Mail Forwarding Information

 ここでは、メールを転送するアドレスを指定します。ここに転送先を指定し、左のウィンドウにある「Save」ボタンを押しますと、username@han.orgあてに送信されたメールはすべて指定のアドレスに転送されます。なお、転送されたメールはusername@han.orgのメールボックスには保存されません。

(4)Change User Information

 ここでは、名前その他の個人情報を修正します。ここで指定した名前は、Web上から送信されたメールに記載されます。修正したら、左のウィンドウにある「Save」ボタンを押します。

(5)Change Vacation Message

 ここでは、自動返信メッセージを設定します。たとえば、「○月○日まで旅行中のためメールを読めません。お急ぎの方は、次の番号にお電話ください。012-123-4567」といったメッセージを登録しておけば、あなた宛てにメールを送信した方に自動的にこのメッセージが返信されます。ただし、メールサーバーが英語版のため、日本語のメッセージだと文字化けすることがあります。

(6)Change Processing Rules

 ここは、ダイレクトメールや、特定の人物からの嫌がらせメールなどを「Delete」フォルダに自動的に投入する、といった設定をします。もしくは、後述する「Manage Mailbox」と組み合わせて、タイトルや送信者によって自動的にメールを振り分ける設定をします。かなり自由度の高い設定が可能ですが、その分面倒ですので、ここでは説明を省きます(^_^;)。

(7)Address Book

 アドレス帳です。Web上から頻繁にメールを送信される方は、ここに宛て先を登録しておくと便利でしょう。メールを送信するとき、「Add all recipients to address book」という項目をチェックしておけば、自動的に登録されます。

(8)Manage Mailboxes

 ここでは、受信メールを保管するフォルダを追加します。基本的には上述の「Change Processing Rules」と組み合わせて使います。

(9)Auto Response

 ここでは、自動返信メッセージを設定します。みなさんがお使いになることはあまりないと思いますが、ハン・ワールドでは「www@han.org」< style="T">あてにメールが送信されたとき、歓迎文を自動的に返信しています。

(10)Preferences

 ここでは、メールを送受信するときの細かな設定を行います。ここでは説明を省きます(^_^;)。たくさん項目がありますので、試行錯誤しながら機能を確かめてください。

(11)Change Signature

 シグニチャを設定します。Web上から頻繁にメールを送信される方は、ここを設定しておくと便利でしょう。