「憂慮する朝鮮人のアピール」全文


[ Follow Ups ] [ Post Followup ] [ HANBoard version 2 ] [ FAQ ]

Posted by 石純姫 on February 01, 1997 at 02:38:55:

In Reply to: Re: 憂慮する朝鮮人 posted by 金明秀 on January 31, 1997 at 13:18:24:

「自由主義史観研究会」「新しい歴史教科書をつくる会」等の動きを
憂慮する在日朝鮮人のアピール
(略称「憂慮する朝鮮人」)

  1. 私たちは「朝鮮人」という呼称を、韓国籍・朝鮮籍・日本籍・その他国籍の枠を超えた、朝鮮民族の総称として用いる。
  2. 私たちは、「呼びかけ人」(下記)と憂慮をともにする在日朝鮮人諸個人による、自発的かつ自律的なネットワークを形成する。

アピール

 昨年12月2日、小林よしのり、西尾幹ニ、膝岡信勝ら9名の呼びかけで、言論界と経済界を中心に78名の賛同者を集め、「新しい歴史教科書をつくる会」(以下は「つくる会」と略称)が結成された。彼らは検定を通過した7社の中学歴史教科書の近現代史記述が「自己悪逆史観」に貫かれていると決めつけ、具体的には「従軍慰安婦」に関する記述の削除を要求しつつ、「自国の正史」を回復せよと主張している。こうした動きは決して目新しいものではないが、日本社会にさらに広がる気配を見せている。

 私たちは、こうした動きを心から憂慮する。
 私たちは問いたい。彼らはなぜ「従軍慰安婦」問題の本質を、自分たちが勝手に定義した「強制連行」の有無の問題にすりかえようとするのか。彼らは「従軍慰安婦」記述の削除を要求する前に、日本軍兵士の性奴隷にされた被害者たちの証言に一度でも耳を傾け、彼女たちの視点から当時を見ようとしたことがあるのだろうか。

 彼らは関東大震災で殺された朝鮮人がいたことを認めながら、ごく少数の朝鮮人の命を救った日本人警察所長の固有名を挙げて、ヒューマンな「美談」に仕立てようとする(『教科書が教えない歴史』)。「ヒューマン」なるものへの信頼が決定的に崩壊したこの事件に向かい合うべきときに、なぜ一日本人の「美談」が強調されなければならないのか。

 彼らは日清・日露戦争をアジア侵略戦争と位置づけることに異を唱えているが、これらの戦争が朝鮮を戦場にして戦われたこと、その結果が日本による台湾や朝鮮などの植民地支配につながったことをなぜ無視するのだろうか。「従軍慰安婦」にせよ、戦争と植民地支配にせよ、彼らは「どの国も同じようなことをしたではないか」と開き直り、なんとかして道徳的免罪符を得ようとする。しかし、かりに他国が「同じようなことをした」として、他がやっているから自分もやってもいいことになるのだろうか。幼稚で安易な自己肯定のためのレトリックと言うほかない。

 私たちの見るところ、「つくる会」等に同調している人々の歴史観には、男性中心主義・国益至上主義・自国民中心主義・英雄主義のイデオロギーが明確に現われている。そこには、自己に都合の悪い記憶をすべて否認することによって「汚れなき」国民の記憶を鋳造し、栄光の国史=「正史」をうちたてたいと欲するナルシスティックな心理が働いている。

 在日朝鮮人である私たちは、単に歴史の被害者という立場からこうした動きを告発するという役割に満足せず、「正史」の捏造によって抹殺される過去の記憶を受け継ぎ、それを客観化・普遍化する努力によって開かれた歴史を築いていきたいのである。

 私たちは「つくる会」等の動きを、一部の特殊な人々のものだと軽視することはできない。現に彼らの著作は書店に高く積み上げられて無視できない多くの読者を獲得しており、一部マスコミは彼らの主張を執拗に代弁し続けることで世論を誘導しようとしている。最近では日本社会のいたるところから、「従軍慰安婦は存在しなかった」などという声までが聞こえてくる。「従軍慰安婦」記述の削除を求めるる地方議会も現われた。こうした流れは危険な排外主義に転化しかねないものであろう。日本社会はそれをくい止めることができるのだろうか。私たちは彼らの言説や行動そのものよりも、現在の日本社会の中にそれを産み出し受容していく素地があることに強い危機感を覚えるのである。

 すでに言われ尽くしたことであっても、それが真実であるならば、繰り返し言わなければならない。私たちにとって、日本の近現代史はアジア侵略と植民地支配の歴史である。真実を隠蔽・歪曲しようとする人々の「歴史に対する暴力」を許さない力強い声が、日本社会に広汎に喚起されることを切望するものである。

 1997年1月20日
【呼びかけ人】[かなだら順]
高成鳳(コ・ソンボン:大学教員)
金富子(キム・プジヤ)
金朋央(キム・プンアン:学生)
金 栄(キム・ヨン:フリーライター)
徐京植(ソ・キョンシク:作家)
石純姫(ソク・スニ:大学教員)
宋連玉(ソン・ヨノク:大学教員)
慎蒼健(シン・チヤンゴン:大学教員)
梁澄子(ヤン・チンジヤ)
趙景達(チョ・キョンダル:大学教員)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

私は「憂慮する在日朝鮮人のアピール」に賛同します。


名前(個人名):
名前の公表:してもよい しない
職業:
住所: 郵便番号:
(連絡先)
TEL :  FAX :




Follow Ups:



Post a Followup

Name:
E-Mail:

Subject:

Comments:

Optional Link URL:
Link Title:
Optional Image URL:


[ Follow Ups ] [ Post Followup ] [ HANBoard version 2 ] [ FAQ ]