Re4: 【削除報告】に対して。


記事番号:5479 (1999年01月16日 08時57分30秒)
投稿者:赤トンボ (属性:死に体)
 メールアドレス:fwhy1010@mb.infoweb.ne.jp

[話題別一覧|時系列一覧|最新50投稿|最新20+関連]
この記事は[Re3: 【削除報告】に対して。]へのコメントです。

内容

 刑務所の収容人員に占める在日の比率について、貴方の説が正しいのか、渡部
 昇一説が正しいのか、時間を掛けて調べることにいたします。

>である。(2)かつて在日韓朝鮮人が生活保護以外の社会福祉システムから阻害
>され、また、すさまじい就職差別にさらされていた事実に言及せず――つまり、
>高い保護率を生み出した日本の差別構造を等閑視する一方――その時期における
>高い保護率のみを糾弾するかたちで、しかも、当時の高い保護率が現在も継続し

すさまじい就職差別ですって?。働く権利が与えられているだけまだ、<マシ>で
はないですか。

韓国人と結婚してソウルに住む知人の女性は、合弁企業の現地駐在員から依頼され
日本本社から社長が工場視察に来た際に、通訳をつとめた。ところが韓国社会に
はびこる密告にあい、不法就労として警察に出頭を命じられた。『韓国人の配偶者
は定住権はあるが、就労権は無い。こんど就労したら逮捕強制送還する』と言われた

それに対して『主人が病気やケガで働けなくなったら生活できなくなる』と訴えた
ところ『そんなことは我々の知ったことか、働きたかったら、韓国籍を取れ、いや
なら日本へ帰れ』と言われたそうである。

韓国に定住する外国人配偶者にとって就労権はもとより、生活保護費の支給、社会
保険加入、年金加入など夢のまた夢、月世界の話である。彼女だけでなく、子供、
孫も外国籍である限り同じ待遇である。

在日は韓国に住む外国人と比べて、恵まれた生活を送っている。


CGIスクリプト作成・販売:コウモリ@宗教のるつぼ (Mail Home)