Re2: 和の文化の特殊性:どうするべ?


記事番号:5913 (1999年03月14日 12時33分44秒)
投稿者:ほにほに (属性:京都)
 メールアドレス:func@mail.goo.ne.jp

[話題別一覧|時系列一覧|最新50投稿|最新20+関連][前の記事][次の記事]
この記事は[Re: 和の文化の特殊性:どうするべ?]へのコメントです。
この記事には[Re3: 和の文化の特殊性:どうするべ? (hey)]というコメントが投稿されています。

内容

>こんにちは
>ある種本音を聞けて、うれしいような気もしますが・・
>
>>従って、定住される外国人の方には、ぜひ和を乱して欲しくない、と考えます。
>>(私たちでさえ、それなりに和を乱さないよう気をつかっているのだから、
>>それなりの配慮が欲しい。出来れば、日本人として「輪」に入って欲しい。)
>>...という感覚です。
>
>なるほど、
>みんなで遠足に行って、おかずにキムチが入っていたら、
>いじめられる、という事だね。

キムチは、すでに、かなり日本の中に、溶け込んでいると思いますよ。
我々がギョーザを見て、中国を意識しないように、キムチを見て、韓国を意識することは少なくなってきました。
それだけ、「自然に」なってきているという事ですね。

>>一方、韓国・朝鮮籍が日本に定住することの経緯は、多くの日本人が知っており、
>>それなりに納得していると思います。
>>しかし、頭では納得していても、やはり「和」を乱す「集団」として、
>>心のどこかに引っ掛かっているのです。(通常、これが、敵意というレベルにはならない。)
>
>なるほど、
>「ねえねえ、実はheyって韓国人なんだって」
>「そうなんだ、近寄らないでおこう。」
>私とあなたが、知り合いにはなれても、決して友達にはなれない。
>という事だね。

そう、結論を急がなくても良いでしょう。
状況は変わりつつあるし、我々の望む未来は、それほど絶望的であるとは思えません。


>あなたの話しは、どうヒイキ目に聞いても、私を不愉快にさせる。
>この話しは、あなたの本音だろうけど、こんな考えで接してもらうより、
>敵意を持たれたほうがよっぽどいい。

不愉快にさせてしまったことは残念に思います。
しかし、なぜ不愉快になったかについて、私は十分に理解できません。
もし、あなたが冷静な人であれば、御説明下さいますと幸いです。

私は、「不愉快」とまではいきませんが、私の心にあるものを、稚拙ながら、
出来るだけ分析してみただけです。

私の考え方は、私個人の特殊なものかも知れませんし、日本人の中にある種、潜在しているのかも知れません。
しかし、その部分を、一度、冷静に見つめてみる作業は、必要だと思いました。
その上で、あるべき姿を目指せば良いのではないでしょうか?

これは、結論ではなく、出発点なのですから。


CGIスクリプト作成・販売:コウモリ@宗教のるつぼ (Mail Home)