朝鮮総連関係者が本紙宛に告発メールを送付! チマチョゴリ事件は我々の自作自演だ


記事番号:5914 (1999年03月14日 12時46分07秒)
投稿者:? (属性:CHINA)

[話題別一覧|時系列一覧|最新50投稿|最新20+関連][前の記事][次の記事]
この記事は[とうとうチマ・チョゴリ廃止]へのコメントです。
この記事には[はしゃぐ者ほど******* (NAKATO)]というコメントが投稿されています。

内容


朝鮮総連関係者が本紙宛に告発メールを送付! チマチョゴリ事件は我々の自作自演だ

26日、本紙に東日本地方在住の朝鮮総連関係者を名乗る呉永達(仮名)氏 から、衝撃
のメールが届いた。
呉氏は、マスコミの反北報道に間接的原因があるとされた言われた「チマ・チョゴリ事
件」が、すべて「自作自演だった」と書き、どのようにして行われたかを詳しく述べて
いる。メールの掲載は、呉氏の了解のもと、いかなる第三者にも氏名・住所等、身分や
地位にかかわることを一切公表せず、匿名とする(呉逹)住所をぼかす(東日本地方)
、謝礼はいらない、ことを条件に掲載させていただいた。なお、呉氏の身元に危険が及
ばないよう、まるごと文章を削除した個所がある。呉氏には前もってこの原稿の文書を
メール送信し、許諾していただいたことを読者の方々にご了承いただく。 以下は、呉氏
の手記である。

新亜出版社 貴中
貴下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 私は、総連の内幕をマスコミに流し
ている者であります。何卒、編集部様が参考にされますようお願い申し上げます。 

反共和国的な番組がテレビで流れた場合、総連では威信をかけて、徹底的な抗議攻勢を
している。上から、全国の総連道府県本支部のトップに連絡が行き、各本支部は、電話
連絡網によって、関係者、友好連帯組織のすべての関係者にテレビ局へ抗議電話を一斉
にかけるように仕向けている。 電話をパンク寸前に追い込み、「傷つけられた」「不愉
快だ」「日本は昔こんなに悪いことをした」「関東大震災のデマで殺された」「罪の意
識はないのか」「謝罪せよ」「訂正せよ」と続けて抗議する。 前は「殺す」「許さない
」「スタッフの皆さんはお体にご注意」とやっていたが、警察が「脅迫罪・強要罪」と
ほざいたので、最近の戦術は、かつての経験に基き、我々がどれだけ被害者ぶりを演出
し、泣き喚いたりして同情を呼ぶか、である。 
新聞社の場合は、雑誌が発売されてからすぐに行動を起こさず、中央で検討し、決定に
基づいて道府県本部単位、支部単位に働きかけを行い、集団で抗議におしかけ、総連傘
下職員を総動員して、新聞社なら本支社・通信部まで、同時多発的ゲリラ戦法(これを
パルチザン戦法と呼ぶ)で圧力をかけて、真実に基づいた共和国記事を無理矢理、「ま
ちがいでした」と言わせて謝罪させる。内容を全面的、3分の2以上、部分的に撤回さ
せねばならない。 「我々は被害者だ」「謝罪せよ」。この言葉に、日本人たちは、知識
人であればあるほど、謙虚な態度になってくれる。 他の利権を漁る時にも効果的で、我
々が「被害者」であることを強調する戦法は、全国の総連本支部単位の常套手段になっ
ている。 報道の「デマ」によって、これだけの同胞がひどい目に遭っていますよ、を強
調するため、自作自演の被害者をつくり、あたかも日本人が再びわが民族に危害を加え
たように捏造し、マスコミに報道さす。 自作自演のためには、被害者役(子供は特に世
間の同情を呼ぶ)とよごれ役(我々が金を払って雇う)を決めて、できるだけ人々に注
目されやすい目立った場所(警察関係者がいない場所)で実行する。よごれ者役は裏お
もてを知っているが、被害者の少女や家族は何も知らない。日本人がやったと思い、わ
が総連の団結力は強固なものになる。日本人がチマ・チョゴリを切りつけるわけがない。
日本人は過去のことに弱い。我々はそこにつけこむ。相手より多い人数で集団抗議すれ
ば、誰だって圧倒される。総連で真相を知っているのはごくわずかだ。離脱した者さえ
本当のことを言えない。鳥越俊太郎など、テレビでしきりに「チマチョゴリ事件の再発
防止」を訴えて反共和国番組の解説をしているが、正真正銘のバカと笑われている。
(了) 

1998年6月3日 呉 永達 拝

以上怪文書


CGIスクリプト作成・販売:コウモリ@宗教のるつぼ (Mail Home)