Re3: 勉強になります


記事番号:2753 (1999年08月10日 11時29分00秒)
投稿者:赤トンボ (属性:羽化)
 メールアドレス:fwhy1010@mb.infoweb.ne.jp

[話題別一覧|時系列一覧|最新50投稿|最新20+関連]
この記事は[Re2: 勉強になります]へのコメントです。
この記事には[清正も「キヨマサ」じゃないみたい。 (新q太郎)]というコメントが投稿されています。
この記事には[Re4: 勉強になります (hey)]というコメントが投稿されています。
この記事には[Re4: 勉強になります (kokako-la)]というコメントが投稿されています。
この記事には[カナダの重国籍 (hey)]というコメントが投稿されています。

内容

赤トンボです。

>>しかしながら、
>>国際的には外国人の処遇に関して、相互主義、互恵の原則があり、各国はそれに
>>基づき外国に居住する自国民の権利を保護しています。在日が「差別」と称する
>>ものの内容は、実は日本人と外国人との身分上の「区別」である場合が多いのです。
>
>「身分」という言葉は「立場」に変えた方が良いよ。


法律上の「資格」にかかわる事柄ですから、「身分」が正しいと私は思います。


>>しかし外国籍を保有しながら、そのうえで日本人と「同等の権利」を要求する
>>
>>(在日韓国人の法的地位協定再協議に関する要望書−−民団長から総理大臣あて、
>>1989年12月提出−−)ことは、二重国籍に等しい特権的待遇の要求であり、
>>とうてい受け入れられるものではありません。地方参政権一つとっても、税負担を
>>
>>その根拠にしていますが、公共サービスの対価である地方税と、参政権とは本来
>>別個の問題であり、E U 諸国をはじめ、世界のほとんどの国は、定住者に参政権を
>>認めていません。
>
>地方参政権の法案を国会で、どんな風に論じるのか、とっても楽しみ。

私も在日に対する地方参政権付与?の件には、非常に興味がありますので、問題の推移
を見守るつもりです。

>>国籍こそ忠誠心の「あかし」
>>です。その国に対する忠誠心を持たず、国家の将来に何の責任も義務も負わない
>>者が選挙権/被選挙権を持ち、地方議会の議員や首長になることは、国家社会の
>>利益や安全に寄与するとは思いません。
>
>赤とんぼさんが使う「忠誠」の意味、関係がいまいちよくわからないです。
>私はそういうのを、「自発的服従」と習ったが、それとはまた違うんですか?

「自発的服従」ね、ウーンまったく間違いとは言えないけれども、意味が弱すぎますよ。
プロ野球選手の監督に対する「自発的服従」なら意味が通じますけれど、「忠誠」には
自発的服従よりもさらに強意の「献身的服従」プラス、「目標に向けた積極的努力」の

要素が含まれ、平易に言えば「まごころをもって尽くすこと」と、私なりに考えます。

>韓国朝鮮人の読み方は、韓国朝鮮読みで、
>中国台湾人の読み方は、その国で通じる読み方にする。
>と、一応統一されているみたいですよ。
>
>中国台湾では、北京語読みや、上海読みなど、地方によって読み方が違います。
>中国台湾国内でも、その地方で通じる読み方で読む。と成っています。
>
>韓国朝鮮国内でも、日本人の名は日本読みで読むようになっています。

韓国の歴史国定教科書の高校生用(1987年度改訂)には、韓国側からすれば大悪人
である、豊臣秀吉のことを「プンシンスギル」と韓国語読みで書いてありますよ。
それと、韓国に居住した日本人が会話のなかで「プンシンスギル」と言われて誰のことか

分からなかったら、日本人は「プンシンスギル」も知らないのか?。と言われたそうです。
ということは、韓国における学校教育の現場で豊臣秀吉と教えていない証拠だと思います。


CGIスクリプト作成・販売:コウモリ@宗教のるつぼ (Mail Home)