私も一言。


記事番号:2754 (1999年08月10日 11時32分10秒)
投稿者:ハイテク (属性:社会人)
 メールアドレス:ken976@hotmail.com

[話題別一覧|時系列一覧|最新50投稿|最新20+関連]
この記事は[何はともあれ]へのコメントです。

内容

私も一つ。極めてシンプルな意見で恐縮なのですが。

>>・・・・・・・・・・・・・・・・・日本に暮らす私たちの生き方に直接関わる、これら
>>の矛盾を解決しようとする努力こそが、朝鮮の飢餓を解決する近道だと思います。なぜな
>>ら、朝鮮の飢餓は、単に朝鮮国内の問題ではなく、世界経済の構造的矛盾の一つのあらわ
>>れだからです。

北朝鮮の最大の失政は、外国とうまくやっていってない事そのものじゃないんですかね。

理想の追求なんて言っても、考え方が基本的に自己中心的なんですよ。自国があって
世界が動いているんじゃない。
まず世界の動きがあって、それに合わせて国の舵取りをしなきゃいけないんです。
そういう発想無しに他国の責任にする北朝鮮の現政権は根本的に間違っています。
理想の追求はいいけどこのままでやっていけるはずがないです。
国民が不幸になっている現実を直視しなけりゃなりませんよ。
何も朝鮮人でなくても、多少勉強すると旧ソ連や北朝鮮の言う理想に一度は
傾倒するってのはよくある話だけれども、そんな人たちでも北朝鮮の現政権に理解を
示す人が殆どいないのはなぜだと思います?>米津さん。

”世界経済の構造的矛盾”とおっしゃいますが、それ以前の問題だと思います。
たとえば私の仕事なんてちょっと極端な例かもしれませんが、北朝鮮がどこかで
からむ可能性のあるビジネスは極限まで避ける努力をします。それは自国の脅威に直結する
からです。こっちも細かいことにいろいろと神経つかわなきゃいけないから
まいっちゃってんだけど、逆にいえば北朝鮮はそれだけ困ってるってわけやね。
で、敵視政策をしているのは日本のほうだ、との主張を繰り返す人がいますが、
(経緯は理解できるものの)世界からより理解を得ているのは
北朝鮮の方か?日本の方か?・・この一番単純なことを忘れた論調には(?)です。
単に力関係の問題じゃ無いですよ。日本人の私が言うのも変ですが、
日本から脅威と思われ、ひいては世界から認められないのは、それはそれで北朝鮮の
政策の一つの結果じゃないですか。


CGIスクリプト作成・販売:コウモリ@宗教のるつぼ (Mail Home)